本文へ移動

Web日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

運動会に向けて

2022-09-21
たまごをあたためよう
年少さんは、運動会でリズム表現(ダンス)を行います。テーマは「恐竜」です。先日、クラスに恐竜のお母さんから卵が届きました。同封してあった手紙には、「代わりに育ててくれない?」と書いてあります。それで、生まれるまでクラスでお世話をしてあげることに。今日は、みんなで少しずつ抱っこをして温めました。卵をそっと抱いて、キスをする人や、ほおずりをする人、においを嗅いだりする人までいました。
さあ、これからこの卵はどうなっていくのでしょう?ドキドキワクワクしながら毎日を過ごしています。
タイミング!
年中さんは、個人で取り組む、障害物リレーの「鉄棒」の練習風景に出会いました。何度も練習をして、今日初めて技ができたという人もいました。仲良しの友だちと、せーの!と一緒に回るところを見せてくれたのですが、寸分違わず回って降りる姿に感動しました。友だちに刺激を受けて、自分も挑戦しようとする人がどんどん出てきて、取り組みの輪が広がっていくと嬉しいです。
リレー
年長さんは、リレーの練習をしていました。まだ3回くらいしか練習をしていませんが、もうしっかりとルールを覚え、勝ち負けへと気持ちが向いてきています。1回走ってみて、チームに別れて作戦会議。その後もう一度走りました。走ってみてどうだったか、今度はどうしたらいいか、ということを話し合って、友だちと知恵や力を合わせて全力で取り組む心地よさを経験してほしいです。また、勝ったり負けたりする経験を積むことで、相手の気持ちに共感ができるようになってほしいと思います。

久しぶりなので2つの記事です

2022-09-09
いたいのいたいの、とんでいけ~
 「あしがいたいよ~」突然、お部屋からテラスに飛び出してきた女の子、足を抑えて座り込みました。今、運動会に向けて、室内で鉄棒コーナーが設置されているのですが、おそらく、技をする時に足をぶつけたのでしょう。すると、すかさずに男の子が後から駆けつけて、痛がっている部分に手を当てて擦ってくれていました。そして、「いたいのいたいの、とんでけ~」とおまじないをかけてくれました。すると、涙目だった女の子の顔に笑顔が戻り、何事もなかったかのように、また二人で遊びに戻っていきました。
 お友達同士でおまじないをかけあえるって、素敵です。いや、友達同士だからこそ、絶大な効果があったのかもしれません。
おかえり
 清和幼稚園の卒園生が、実習生として帰ってきてくれました。あんなに小さかった子(ちょこまかと動きまわって、色々な遊びに興味を持つ、よく笑う元気で優しい女の子でした)が、今では小さい子どもたちに囲まれて、立派に教育実習をしているではありませんか!本当に感激します。と同時に、年月の流れ、自分の加齢を実感させられます、、。
 卒園した子どもたちが元気でいてくれる、これ以上の喜びはありません。清和幼稚園がいつでも戻ってこられる「第2の故郷」となれればいいなと願っています。

夏期保育

2022-08-23
今日は長い夏休み中の登園日、「夏期保育」の初日です。久しぶりの幼稚園にワクワクしながら登園してくる人がたくさんいました。同時に、少し行きしぶる姿を見せる人も。長い間、おうちでゆったりと過ごしていたから、当たり前の姿ですね。でも、なかよしの友だちと遊びはじめると、途端に元気いっぱいになっていました。
 プール遊びも8月いっぱいまでとなります。今日は3クラスともプール遊びをしました。

変身マシーン

2022-06-30
トイレコーナー付近から、何やら楽しそうな声が聞こえてきました。見に行くと、4人のお友だちが、シャワー室の扉に隠れていきます。何が始まるんだろう?と見ていると、アコーディオンカーテンが開いて、変な顔とポーズをした4人が次々に出てきます。『ええ?何?めっちゃおもしろいやん!』と思って、何してるの?と聞くと、「へんしんましーん!」と教えてくれました。それが何なのか、私にはさっぱりでしたが、「もいっかいやろ!」 と何度も入っては出て行ってを繰り返しています。特に、準備に入るときの、4人の楽しそうな雰囲気と心から湧き上がってくる笑いを見ていると、こちらまで笑えてきました。きっと4人の中では共通のイメージがあり、それを共有して遊んでいたんですね。

プールびらき

2022-06-10
今日は待ちに待ったプール開き!清和幼稚園に、大きなユニットプールが登場しました。初日は各クラス20分ずつくらいの時間でプール遊びをして、プールの約束事、入り方、上がり方を覚えました。来週からは本格的にプール遊びを行っていきたいと考えていますが、お天気がどうでしょう、、、。
 年少さんは、初めての清和幼稚園プール!少し水が苦手な人、全く平気な人、見ているだけがいいという人、色々な人がいますが、毎年、年少さんは同じような姿です。そんな子どもたちも、年中になったら、みんな抵抗なく参加ができるようになります。年中、年長の子どもたちの1年前の姿を思い出しながら、『着替えがしっかり自分でできるようになった』『後始末が早くなった』『自分の持ち物の管理がしっかりできるようになった』etc...と、たくさんの成長を見せてくれる子どもたちを見ていると、とっても嬉しい気持ちになりました。
学校法人聖和学園 清和幼稚園
〒520-0855
滋賀県大津市栄町18-5
TEL.077-537-0456
TOPへ戻る