本文へ移動

Web日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マメ

2022-05-18
「せんせい、みて~」と見せてくれたのは、うんていでできた、手のマメ。これほどのマメは、今日だけではできません。きっとこの数日間、一生懸命練習をしていたんでしょうね。痛々しいですが、同時に誇らしい勲章でもあります。一つのことに打ち込むことができるという力は、これから生きていく上で必須になってくる力です。ちなみに、誰の手かわかりますか~?

きょうりゅう!!

2022-05-02
5月はとても青空がきれいです。昨日の雨が嘘のように、気持ちの良い空が広がっていました。その空を見上げて、年少のお友だちが、「せんせー、きょうりゅうがいるよー!」と教えてくれました。

確かに、きょうりゅうに見える! それを聞いた年中の男の子が「あれはスピノじゃないな・・・」と、ぼそっとつぶやいて去っていきました。皆さんは、『何サウルス』に見えるかな?

これだ~れの?

2022-02-24
年少さんのテラスに、ヘアゴムが落ちていました。「だれのかな・・?」と拾い上げると、側にいた一人の女の子がそれを持って、近くにいるお友だち一人一人に「これ、ちがう?」「これ、ちがう?」と聞いて回りはじめました。お友だちの目を見て、真剣な表情で聞いて回ってくれます。すごいなー、ステキだなー、と思って見ていると、スポーツ刈りの男の子にも「これ、ちがう?」と聞いてくれていました。その子にも聞く!?そうだよね!ヘアゴムをつける男の子もいるかもしれないよね!でも、スポーツ刈りはどう頑張っても「シュリ・・・シュリ・・・」って抜けるだろうね・・・。

理屈等は関係なく、落とし物の持ち主を探し続けてくれる純粋な姿が、とっても可愛らしかったです。

おなかいっぱい

2022-02-21
今日はお楽しみ給食がありました。後半は売り子を交代して、子どもたちがお店屋さんになって、先生たちに色々なメニューを提供してくれます。

「いらっしゃいませー」
「せんせいやから、おおもりにしとくねー」
「おかわりきてくださいねー」

「もうおなかいっぱいやから少しにして下さい」
と注文したのに、そんな注文は聞き入れられることなく、逆に山盛りにしてくれました。もう食べれない・・・

苦しそうに食べている先生を見て心配そうに、「ゆっくりたべたらいいしね」と声をかけ、優しく背中くトントンと叩いてくれる人がいました。
その優しさと、成長に感動して、心もお腹もいっぱいになりました。

魔法のパン屋さん

2022-02-07
年長さんが「魔法のパン屋さん」に招待してくれました。紙粘土で作った、細かな細工がされた、小さなパンがいくつも並んでいます。
「これは、たべたらおかねもちになれるねん」「これはしあわせなきもちになるで」どうやら食べると魔法でいろんな効果がもらえるみたいです。あれ、ティッシュの箱の形のパンがある。おもしろ・・・
「これたべるとどうなるん?」「え?・・・・・・ティッシュのきもちになる」
ティッシュの気持ち!!何と!ぜひ食べてみたい!大笑いさせてもらいました。
”身の回りの物は、どんな気持ちでそこにいるんだろう?”そんな想像をしていた幼少期をかすかに思い出す魔法をかけてくれたパン屋さんでした。
学校法人聖和学園 清和幼稚園
〒520-0855
滋賀県大津市栄町18-5
TEL.077-537-0456
TOPへ戻る